メキシコ・アンブルコ/浅煎り(100g)
5cea80b7a894525627454815

メキシコ・アンブルコ/浅煎り(100g)

¥670 税込

送料についてはこちら

  • 豆 100g

    SOLD OUT

  • 粉 100g

    SOLD OUT

メキシコ・チアパス・アンブルコ農園・ブルボン・スペシャルティ 地域:チアパス州 標高:1250m 精製方法:ドライ発酵/天日乾燥 品種分類:カツアイ・ブルボン・マラゴジぺ・パカマラ他 焙煎度:浅煎り 特徴・柔らかい柑橘系の酸味、べっこう飴のような余韻が特徴的。 概要・甘い香りと柔らかい明るい酸味が飲み終わりでもほのかに続きます。若干の果実味や軽く適切なボディ、甘い余韻が魅力的です。 酸味 :■ ■ ■ ■ ■ 苦味 :□ □ □ □ □ ボディ:■ □ □ □ □ 先味 :■ ■ ■ ■ ■ 後味 :■ ■ □ □ □ メキシコにおけるコーヒー生産の嚆矢となったのは、18世紀末期に当時の大統領によって奨励された、大規模なドイツからの農業入植者でした。 多くのドイツ人が、メキシコ南部の肥沃な土地にコーヒー農園を開拓していき、20世紀に入り、コーヒー生産が盛んになります。 アンブルコ農園は1888年にドイツの入植者であるアルツール・エリック・エデルマン氏により開拓され、現在に至るまで代々コーヒー生産を受け継いでいます。 昔ながらの精製設備や製法を引き継ぎながら、ブルボンやマラゴジぺといった単一品種の栽培も手がけ、メキシコでも最高級品質を生産する農園としての定評を揺るぎないものとしています。