インドネシア・マンデリン/深煎り(100g)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

インドネシア・マンデリン/深煎り(100g)

¥712 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

  • 豆 100g

  • 粉 100g

インドネシア・マンデリン・アチェ・ガルーダ 地域:アチェ州・中部アチェ県・タケンゴン 標高:1300~1400m 精製方法:ナチュラル 品種分類:ティムティム 焙煎度:深煎り 特徴・マンデリン特有の重厚なコクと苦味、長く残る濃厚な香り 概要・飲みごたえがあり、芳醇でエキゾチックな香りが長く残ります。また重厚なコクのある舌触りとクセのある苦味も特徴的です。 酸味 : 苦味 :■ ■ ■ ■ ■ 先味 :■ 後味 :■ ■ ■ ■ ■ 香り :■ ■ ■ □ ボディ:■ ■ ■ ■ □ ■=1 □=0.5 インドネシアのアチェ州中部アチェ県タケンゴン近郊の農園から採取されています。 寒暖の差が激しい気候が、独特の風味を紡ぎ出します。 標高は1300~1400mにあり、この地域は古くからのマンデリン栽培エリアで、ティピカ系の木がほとんどのため、マンデリン本来の濃厚なアロマが生まれます。 同じくマンデリンの古い産地である北スマトラ・リントン産に比べ、ボディー・甘み・酸味がやや強い豆が取れるのが特徴です。これは、リントンが台地状で平坦なのに比べ、タケンゴン近郊は山間部で傾斜地で栽培されているため、寒暖の差がより激しい環境下で栽培されていることが影響しています。 <マンデリン・アチェ・ガルーダ ハンズオブホーププロジェクト> コーヒーを通じた社会貢献の一環として、アチェ州タケンゴン地区とスマト島首都メダンの孤児院へ、生豆1㎏に対し寄付金が施設に寄付されるプロジェクトです。 コーヒーの麻袋にはその孤児院の子供たちに手形を押してくれています。